top of page

高雄の有名なスポット『蓮池潭』

更新日:2023年9月30日


 

清の時代に建てられた人口湖としての蓮池潭は、台湾南部の高雄左営にあります。新幹線の左営駅でタクシーに乗り換え、10分ほどで行けます。





 この湖の周りは龍虎塔、春秋閣、孔子廟など立ち並んでいる観光スポットがあります。最も有名なのは、パワースポットとして知られている『龍虎塔』です。





七階の高さにある二本の塔で建てられた龍虎塔では、龍門から入って虎門を出るのが一般的です。この流れは無病息災や開運など意味があります。よかったら、七階に登ってみて下さい。ここで360°の湖の景色が眺められます。





又、学問の神様を祀る『孔子廟』やお医者さんの神様『保生大帝』を祀る『啓明堂』、水の神様『玄天大帝』を祀る『元帝廟』などのお寺も参拝してみるだけの価値がありますよ。





左営孔子廟は、清の時代に建てられました。日本時代に学校として使われていましたが、第二次世界大戦後国民政府が孔子の故郷の山東曲阜孔子廟を真似て再建しました。現在、台湾では最も大きい孔子廟として知られています。






中に入ると静かで穏やかな空間が広がっています。ここで、受験の合格祈願以外、孔子廟の歴史や儒教に関する文物が見学できます。また、敷地内の宮殿のような建築物も一見の価値があります。特に毎年の9月28日孔子の生誕日に「先生の日」として「祭孔大典」と呼ばれる儀式が盛大に行われます。子供たちによるレベル最も高い伝統的な舞踊「八佾舞」が奉納され、多くの観光客が魅了されています。





 


時間が許すなら、レンタル自転車で湖畔を回って遊びながら、夕日が沈んでいく美しい景色を楽しんでください。





 そのほか、蓮池潭の付近にあるご当地のグルメを絶対食べなければなりません。例えば、マンゴーかき氷、ワンタンスープ、牛肉麺などのグルメは地元の人はもちろん、観光客も愛用しています。






 お土産で私がおすすめしたいのは、百年以上の老舗『中外餅舗』で売っている『ライオンみたいなお菓子』、中国風の旗に似ているお菓子『旗餅』などのお土産は高く評価されています。






 アクセスは便利で、心地よい行楽地『蓮池潭』は、高雄に来たら、訪れてみてはいかがでしょうか。








Comentarios


bottom of page