top of page

台湾の地理、自然環境


台湾は昔ポルトガル人に「フォルモサ」と呼ばれていました。その意味は、台湾が自然に恵まれて美しい島ということです。



台湾は中国の東南海上にあり、日本と同じく島国です。台湾の総面積は約36000キロ平方メートルで、大きさは大体日本の九州と同じです。


また、台湾には山が多いです。山は、台湾本島の半分の面積を占めています。その中一番高い山は3952メートルの「玉山」です。玉山は日本統治時代に「新高山」と呼ばれています。





台湾の西部に平地が多いので人口がほとんど西部に集中しています。平均温度が23℃ぐらいで暖かい気候ですが、夏に31℃以上の酷暑も続きます。夏と秋に台風が数多く過ぎるので、旅行する時、天気予報を事前にチェックしてください。


日本と同じ、環太平洋火山帯に属する台湾では、天然の温泉がたくさんあり、各地で温泉が楽しめます。また、季節ごとにいろいろなが堪能できます。






豊かな自然環境がいっぱいある台湾は、心地よい旅に適した場所です。時間が許すなら、一週間をかけて、ゆっくり島を一周して過ごしてみてはいかがでしょうか。

Comments


bottom of page